キーボードの素人がKamisoriをインタビュー形式で紹介してみました

こんにちは。
アルバイトの3kakuです。

今日はPro Micro互換機 “Kamisori”のお話。

〈主な特徴〉
●もげ対策済み(USB connector is hard to break off)
●無刻印(No Silkscreen)
●マットブラック(Matte Black)
●光らない(No LED)
●コンスルー対応(Spring pin header)

と書いてはみたものの…

Pro Micro互換機?い、い、いったい、キミは何者なのだーーー😱💦💦

という知識レベルのため、今回は、新企画(?)店主ka2hiroに聞いてみました!

3k「えっと、まずは、これは何をするものですか🙂?」
k2「😅。キーボードの頭脳です」
3k「へぇ…」(さらに頭脳について具体的な説明を求めるが、低レベルのため省略)
k2 「自作キーボードではPro Microという頭脳を使うことが多いです。その代替品ですね」
3k「なるほどー。でもKagizarayaのキーボードには使えないと聞きましたが…」
k2「うちのキットは、Pro Micro相当の機能を、自分ではんだ付けします」
3k「ほぉぉ〜!キーボードの脳みそを組立てるということですか?」
k2「そうです」
3k「うわぁ〜!感動(妄想中) 😍」
k2「3kakuさんのツボはよくわからないですね」

3k「😀。では、一般的なPro Micro互換機との違いは何ですか?」
k2「 まずは色。マットブラック☝️」
3k「マットが特徴?ネットなどで青や黒を見ました。あれはマットではない⁈」
k2「たぶん。マットタイプは見たことがない…です」
3k「ほぉ。なぜマットにこだわるのですか?」
k2「カッコイイからです」
3k「とてもわかりやすい理由です!それ以外のこだわりポイントもお願いします」

k2「文字が書いてないことです☝️」
3k「無刻印ですね!シンプルで好きです💕控えめだけどきちんと自己主張しているような感じが良いです。あと、光らないというのは?」

k2「LEDを付けていないので、光りません☝️」
3k「あの〜、光るとダメなんですか?光ったらピカピカしてキレイでは…」
k2「うるさいです」
3k「???(うるさいの意味がわからない…)」
k2「光が漏れるとか、例えば…(省略)」
3k「あぁ、そうか!納得です💡(←光ってるゾ)」

k2「そして最大の特徴は、USBコネクターがもげにくいことです😤」
3k「それが特徴??ということは、普通のものはもげるんですか?」
k2「よくもげます😅」
3k「ええーっ!そんなことってあるんですかー。さぁ使おう!ボキッ😭、って悲しすぎますよ〜」

最後にコンスルー対応(これは何!😱)についても聞きたかったのですが、3kakuの脳みそは既に飽和状態であるため、またの機会に…。

〈まとめ〉
「もげ対策や見えない部分のおしゃれにKamisoriはいかがでしょうか💁‍♀️」

ありがとうございました♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です