キーボードの素人がScytheのレイアウトについて調べてみました

こんにちは♪
アルバイトの3kakuです。

Scythe ⛏のキーレイアウトは、かぎざら屋で唯一「オーソリニア(直行配列)」ではありません。
では何というレイアウトなのでしょう?(知らない…😅)

キーレイアウトの種類について、店主ka2hiroにザクッザクッと聞いて来ました🏃‍♀️

主要なところは以下の3つです。

●オーソリニア
Scythe ⛏以外のかぎざら屋キーボードは全てこちら。
碁盤の目のように、前後左右に行儀良く、まっすぐに並んでいます。
間隔がギュッと詰まっているので運指に無駄がないようです。

●ロウスタッガード
一般的なキーボードのレイアウトはこちら。
行(Row=ロウ)が揃っているけど列が揃っていない。
各列が4分の1ずつとか、2分の1ずつとか、横にズレているレイアウト。
積み上げた煉瓦のようにも見えます。

●カラムスタッガード
列(Column=カラム)が揃っているけど行が揃っていない。
横のラインが指の形に合わせて湾曲しているレイアウト。

そして、Scythe⛏のキーレイアウトは、ロウスタッガードの仲間っぽいけれど、左右対称である点が少々異端なことから「シンメトリカルスタッガード」と呼ぶそうです。

ロウスタッガードに比べ、シンメトリカル(左右対称)のため腕や肩の動きが自然です。
加えて「ハの字型」にレイアウトされているので疲れにくい。
見た目の尖った印象とは裏腹に、ホントは優しいヤツなのです🍀

そのScythe⛏が、今ならスイッチ以外の難しい部分全てはんだ済み&ファームウェア書き込み済み!というキットも「kagizaraya BOOTH」で絶賛販売中です。

はんだ済み版も数量限定で通常版と同じ🉐
¥15000です!!

この際だから勢いで、価格についても店主に聞いてみました🎤

3k「¥15000ってちょっと贅沢な価格に感じますが…」
k2「高いかもしれないけど、高すぎて買えない程でもなく、もし自分が買うならその価値はあると思って設定しました」
3k「価値があるから、ですか🤔」
k2「そうです。3kakuさんがいつも着ているお気に入りのブラウスはいくらですか?」
3k「えっ😅…あ、あれは価値があるんです!」
k2「そういうことです」

k2「Scythe⛏は『ちょっと変わった形で、少し大きめ、キーキャップセットのキーをたくさん使いたい』をコンセプトに、自分がやりたかったこと、欲しかったものを詰め込みました💁‍♀️」

3k「店主が何を詰め込んだのか⁉︎ ほわわ〜んと興味を持たれた方、続きはかぎざら屋ブログ『魂を刈り取る大鎌 』をご覧ください💕」

最後まで読んでくれてありがとう♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です